読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

teepeeのニッッキ

ただ毎日、暮らしています。その日記。備忘録。思ったこと。

働くことがイヤな私

仕事を辞めたい。

もし高校生に戻れるなら、今の職業を選ばない。

 

仕事に自己実現を求めていた。社会的な評価を得られるような人間になって、同級生に認められたい。

声には出さないけど、自分でもそんな下世話な欲求は認めたくなかったけど、心の中ではそう考えていた。

いろんなことを考えて結局何もできなかった。そして、成り行きで今の仕事に就いた。

そいで今の現実。

「仕事は余暇のためにある。必要なお金のためだけに働くのだ」

「仕事に振り回されない。自分の人生を生きる」

そんな風に、自分に言い聞かせて、毎日を乗り切る。

 

『働くことがイヤな人のための本』を読んだ。

(以下は自分に引き寄せた解釈であり、著者の主張と異なることがあります)

 

仕事がうまくいかない、世間に馴染めない人ほど、「仕事がうまくいかないのは自分が傷つきやすく繊細でナイーブだからであり、仕事で出世するやつらは鈍感で純粋さのないずるいやつだ」と考えがちである。

俺もそうやって自己正当化しようとするし、世間の競争には乗っからないよーという態度をとって自己保身に一所懸命。その実、負けるのが怖い。それ以上に人に負けたと思われるのが怖い。

そして純粋なことが尊いことだと、勝手に思い込んでる。でも、純粋であること、そのことはよくも悪くもない。

〜だから仕事がうまくいかないなんてのは何を言ったって、言い訳に過ぎない。

 

しかし、成功するも失敗するも(努力とかもあろうが結局は)運に左右される。そして、どんなに成功したとしても、結局は死んでしまう。人生にはそういう不条理が最初からある。

働くということはむなしい営みである。

そして、生きるということもむなしい営みである。

 

世間の評価や一時の仕事の成果がそこで何になろう。そういったもので、自己満足は得られるかもしれない。自己満足こそが幸福である。しかし、それは人生の不条理=人生の真実から目を背けた生き方ではないのか。

 

人生の真実を見つめる、探求する行き方こそ、「よく生きる」といことである。この生き方にあっては、人生そのものを生きることにこそ最大の価値がある。そのために、あらゆることがあり、あらゆることが営まれる(それは食事とかの日々の営みから、仕事もそう)。

仕事も「よく生きる」ための手段であり、道具である。それは、例えば、(生活費を稼ぐということより)仕事に悩み、失敗し、つまずくことで、「なんでこんなことして生きるのか」と考えること。

 

「余暇のため仕事」と「よく生きるための仕事」。仕事の優先順位を1番に置かないということは一緒だけど、「余暇のために生きる」というのも人生の真実から目を背けた生き方になるだろう。

「よく生きる」というのは、ある人にとっては必然的な生き方であり、そういう風にしか生きられないというものなのだろうと思う。

俺にとってはどうか。

俺は「自己満足でもいいから、何かに熱中して納得できることをしたい。それも世間から認められるようなことであればいい」という俗っぽい考えかたは捨てきれないし、なんかそういうのが本能のように体に染み付いちゃっている。

そして、そんな自己満足さえできそうもないから、悩みながら生きるしかないなーといところである。それは「よく生きる」ということだろうか。

 

とりあえず今の仕事は辛い。

じゃあ、やめて何すればいい?

したいこともないし、別の仕事(今より辛くない)で生きて行ければいい。

そういう甘い考えは変わらずにもっている。

 

 

 

働くことがイヤな人のための本 (新潮文庫)

働くことがイヤな人のための本 (新潮文庫)

 

 

 

 

 

 

  

 

 

飽きっぽい

一時の熱中でなりふり構わず、時間と金を投資してしまう自分の悪い癖。

欲しい、やりたいと思ったら我慢ができない。そして、買ったときだけ熱中する。でもその情熱が続かない。ほんとに3日坊主。そして、使われなくなったものは、無言のプレッシャーとなる。

ゲーム、ギター、自転車…。

 

気軽な趣味として、やりたいときにやればいいのに、「やるなら本気でやらないと」とか、「それだけを極めてやろう」「一生の趣味にしよう」とか思ってしまう。

 

全か、無か。極端なんだ…。

 

残されたものを見るのはしんどいから、捨てたいと思う。捨てる。

また、次の何かが欲しくなる。

この繰り返し。

物が大切にできない。

お金も大切にできない。

時間も大切にできない。

 

冷静になれ自分。

何かが欲しいと思ったら1ヶ月我慢するのだ。

理想の休日

朝は早く起きる。5時か6時。

部屋にクイックルワイパーをかける。前の日に散らかした物を片付ける。

天気がよければ散歩をする。ご飯を軽く食べる。

やることがあれば午前中の早いうちに片付ける。洗濯もする。

それが終わったら散歩か、自転車に乗って出かける。図書館に行って本を借りる。それか古本屋で文庫本を物色する。

11時くらいになったらお昼の用意をする。野菜を食べる。

昼ごはんが終わったら、ちょっとゆっくり。本を読みながらうとうとなどする。コーヒー飲みながら。

飽きたらまた散歩か、自転車。

夕方になったら、洗濯物等片付けて、明日必要なものがあれば準備して、それから夕飯の支度をして。

夕飯を食べる。お酒は飲まない。なるべく飲まない。

夕飯が終わったら、お風呂に入って、そのあとはまた本を読むか、好きなラジオを聞いたりする。眠くなったら眠る。10時くらいに眠る。

煩わされたくない

煩わされたくない。何か自分以外の他のものに煩わされたくない。

自分のペースで暮らしていたい。家にいるときはそれなりに自由だ。自由でいれる。

 

だけど仕事は、毎日何が起こるかわからず、自分でコントロールできないことだらけだ。窮屈で、毎日ドキドキで。行ってみないと、何があるかわからない。いつ仕事が終わるかもわからない。

そういうのが仕事なんだよと言えばそれまでだけど、そこまでして働く意味が今の自分には感じられない。

煩わされっぱなしだよ。

 

明日から来なくていいと言われたら、喜んでそうするだろう。

やめたい。やめよう。

それが逃げることだと言われてもいい。

何も考えずに

何かをもっと頑張りたい。

そうしたら充実した人生になる。

そう思うときもある。ただ、それは長くは続かない。

何かを始めようと思ってちょっと調べただけでその面倒くささにやめようとなる。

 

何にもしなくていいや。平凡な日常が続いてくれれば。そう思うときもある。でも、平凡な日常とは何か。どんな日々でも心が乱されないなんてことはないだろう。

 

何かを成し遂げることが生きることではない。毎日を積み重ねることが生きることである。その日々、1日1日に、意味を求めると窮屈になる。

なにか打ち込むことがあって、一所懸命になれれば、1日1日は意味のあるものに思えるかもしれないし、それができれば素晴らしいと思うけど、自分にとってそれがとても難しいことだとわかっている。

ただ、ぼんやり過ごす1日1日でも、納得したい。

しかし、それさえも難しいと思うときもある。いろんなことに(特に仕事に)心を乱されている。

 

こんなに生きていくことに悩んだりするのは、今が辛いから?不満だから?

 

何も考えずに生きていければ、本当は一番いい。

生きる意味がない

生きる意味がない。


気晴らし程度の楽しみはあるが、このために生きているなんて事は無い。本もなんとなく読んではいるが、暇つぶしだったり、現実逃避でしか無い。本を読んだ数だけが達成感になり、個々の本の内容自体はおぼえていなかったり、結局どうでもよかったりする。何冊読んだか、が人生の充実度では無いとは、思うが、何冊読んだかだけが生きている証になっている。


かといって、一生懸命仕事にうちこむでもなく、むしろ仕事には絶望していて、やめようとさえ思っている。仕事で何かをなそうなんてことは諦めている。


楽しそうだなと思うだけでやらないことは山ほどある。

手を出してやめたものもいくつかある。

本気で続いていることは何も無い。

ただ、毎日を暮らしている。そのことだけがある。


何もしないなら、何もしないでいい。生活することだけを考えれば。ご飯を食べて、歯を磨いて、着替えて、仕事に行って、働いて、帰って、またご飯を食べて、お風呂に入って、眠る。それだけで十分だけど、十分と思いたいけど、それだけで満足できない。


何かを欲しがってしまう欲を否定したい。あるがままで満足したい。


こんなことを考えられるのは余裕があるからなのか、それとも切羽詰まっているのか。

 

ただ、やりたいことはなく、やりたくない仕事がある。単純に仕事を変えれば済む話だろうか。


今は何もしたいことがない。何かに無我夢中になれない。ただ、昨日まで集めていた本棚の本を捨てたくなっている。