読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

teepeeのニッッキ

ただ毎日、暮らしています。その日記。備忘録。思ったこと。

生きていくだけで

したいことはない。 すべきこともない。 自分の生活のミッションは何だろう。 生活をかけてしたいと思うこと、すべきことは何だろう。 そんなものは何もない。 ただ生きているだけ。 それでいいだろう。それでいいはず。 それでいいと思いたい。 生きていく…

好き嫌い

好きなこと 本を読むこと 温泉、サウナ ラジオ 酒を飲むこと シンプルなこと スッキリとしていること 嫌いなこと 仕事 地域等の集まり 待つこと めんどくさいこと だらしないこと 華美なこと 形式張ったこと 好き嫌いというのは、もっとも根源的な感情らしい…

ワガママであれ

日々、振り返ると愛想笑いとか、興味もないのに聞いてるふりとか、よくやってるなー。相手の気分を害さないようにってこともあるけど、相手の気分を害したくないってのは、突き詰めれば自分が嫌われたくない、嫌な奴と思われたくないってことだと思う。自分…

ゆううつ

サザエさん症候群状態だ。 仕事の前が、以前にも増してゆううつだ。 仕事のことを考えることも嫌だ。 職場の人に会うのもやだし、職場に行く道を通るのもやだ。 仕事を続けられる人は、その仕事に向いてる人だよ。浮き沈みは、あってもそれを乗り越えてやっ…

衝動買い

昔ギターをやっていた。 衝動的にまた弾きたくなって、買った。 買った次の日から部屋にギターがあるのがうっとうしくなった。家の物置にでもしまおうと思ったが、それもモヤモヤする。 そして、売った。 また、衝動的に物を買ってしまった。 物を買うときの…

スマホをいじりすぎる

スマホを持ち歩いてると、何となくいじってしまうのがやだ。手持ち無沙汰なときにすぐにスマホでネット見たり。ご飯食べながらとかも。 スマホなくても暇を潰せる人になりたい。スマホなくても生きていける人になりたい。 何でそんなこと思うのかな。 生活が…

日記1

今日は、近くの温泉に行く。サウナに入りながら、さっき読み終わった小説の内容を思い出したりする。 帰りに図書館に寄ってその小説を返し、借りる本を選んで帰る。 そんな仕事のない日の午後。 『シンセミア』阿部和重 それぞれの思惑を持つ登場人物が好き…

雑記

主体的である。かと言って自己中心的になるでない。「自分」にとってどうか、「自分」はどう振る舞うべきかを大切にする。しかし、独りよがりになるのでなく、周りを見ながら自分の振る舞いをする。 それと同じように、情報や、知識、外から入ってくるもの何…

プア充を目指す?

規則正しく暮らす。 平々凡々と暮らす。 簡素に暮らす。 『プア充 高収入は、要らない』島田裕巳 自分には、高収入は要らない、じゃなくて期待できないという感じなのだけれど。そして、本の中では年収300万が十分だとされてるけど、もともとそのくらいの給…

他者の目を気にする私

内面化された他者の目に煩わされる。 自分の思った通りに振る舞えばいいと、何も気にせず振る舞えばいいと思っても、こんなことしたら変だとか考えてしまう。 マナーとか、常識とか、道徳とか、そういうものって「みんな」が便利に生きてくための装置に過ぎ…

働くことがイヤな私

仕事を辞めたい。 もし高校生に戻れるなら、今の職業を選ばない。 仕事に自己実現を求めていた。社会的な評価を得られるような人間になって、同級生に認められたい。 声には出さないけど、自分でもそんな下世話な欲求は認めたくなかったけど、心の中ではそう…

理想の休日

朝は早く起きる。5時か6時。 部屋にクイックルワイパーをかける。前の日に散らかした物を片付ける。 天気がよければ散歩をする。ご飯を軽く食べる。 やることがあれば午前中の早いうちに片付ける。洗濯もする。 それが終わったら散歩か、自転車に乗って出か…

煩わされたくない

煩わされたくない。何か自分以外の他のものに煩わされたくない。 自分のペースで暮らしていたい。家にいるときはそれなりに自由だ。自由でいれる。 だけど仕事は、毎日何が起こるかわからず、自分でコントロールできないことだらけだ。窮屈で、毎日ドキドキ…

何も考えずに

何かをもっと頑張りたい。 そうしたら充実した人生になる。 そう思うときもある。ただ、それは長くは続かない。 何かを始めようと思ってちょっと調べただけでその面倒くささにやめようとなる。 何にもしなくていいや。平凡な日常が続いてくれれば。そう思う…

生きる意味がない

生きる意味がない。気晴らし程度の楽しみはあるが、このために生きているなんて事は無い。本もなんとなく読んではいるが、暇つぶしだったり、現実逃避でしか無い。本を読んだ数だけが達成感になり、個々の本の内容自体はおぼえていなかったり、結局どうでも…